渡哲也の現在の病状と在宅酸素の噂?病気歴とストーマ?嫁の画像は

俳優の渡哲也さん。

ダンディな演技と優しい人柄で長年、俳優の第一線で活躍しています。そんな渡さんですが、現在は病気を治療中のようです。果たしてどのような病気なのでしょうか?

また、渡さんの嫁の画像が話題となっています。そのほか渡さんの気になる噂を含めて、まとめていきます。

渡哲也の現在の病状

渡さんは何度か、大きな病気を患っています。2017年~2018現在としてはあまりメディアに出てくる機会も減ってしまったように思います。

 

渡哲也の現在までの病気歴

最近では、2015年に急性心筋梗塞が判明し、一時はかなり危険な状態・症状だったようです。

渡哲也(73)が急性心筋梗塞で6月10日に手術し、東京都内の病院に約1カ月間入院していたことが17日、分かった。この日、横浜市鶴見区の総持寺で営まれた俳優、石原裕次郎さんの29回目の追善法要後の会見で俳優、舘ひろし(65)が渡の病状を公表。「下手をすれば他界に至る状態だった」と明かした。

渡さんは自宅で胸の痛みを訴え、マネジャーの運転する車で病院へ行ったそうです。

そこで急性心筋梗塞と診断され、緊急手術を受けて入院しました。

舘ひろしさんもコメントしていますが、下手すれば他界にまで至る状態だったんですね…。

早期発見だったということで、現在は後遺症も無く、自宅でリハビリに励んでいるそうです。

渡さんは心筋梗塞を発症する以前に、直腸がんを患っています。

スポンサーリンク

現在の嫁と結婚した翌年、ドラマ撮影のロケ現場で渡さんは倒れてしまいます。

その時は胸膜炎と診断され、2ヶ月間の入院を経て退院しました。

 

渡哲也の現在は在宅酸素

渡哲也さんは、リハビリの一環として、在宅酸素療法を取り入れていたようですね。

在宅療法に関しては下記のようなものになりますね。

渡哲也さんは病後のリハビリとして、在宅酸素というものを使っているようです。在宅酸素とは聞きなれない言葉ですがどのようなものでしょうか?在宅酸素療法は身体の中に酸素を十分に取り込めないという人に対して長期にわたり自宅で酸素吸入をする治療法が、病状は安定している場合が多いそうです。この在宅酸素療法を行うことにより、仕事へ復帰することが可能になり、生活の質を高める手助けになります。渡哲也が復帰できたのもこの在宅酸素が大きかったとみられます。

ということで、こういった療法を取り入れるような病状と言えるでしょうから、あまり状態はよくないようですね。しかし、年齢が年齢だけあって身体にもかなり負担がかかっているということに違いはないでしょうから、あまり無理はしないでほしいですね。

ストーマ

その後も入院を繰り返して、1991年に直腸がんになってしまったようです。

結婚から20年後の’91年には直腸がんが発見される。「がんのことは、まず俊子さんに伝えられました。大手術が必要なこと、場合によっては人工肛門になること……。俊子さんは渡さんに伝えるべきか悩みました。しかし“主人に嘘はつけない”と決断したのです」

渡さんは、直腸がんの手術によってストーマ(人工肛門)をつけることになりました。

オストメイト(人工膀胱・人口肛門をつけている人)であることを自らカミングアウトしたことでも、話題になっていました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました