松井大輔の現在は加藤ローサと浜松市に?ジュビロで年俸推移は?元嫁が晶子?

こんにちは!

今日は、サッカー選手で元日本代表の松井大輔さんについて、お届けしたいと思います。

松井大輔の現在はどうしてる?(画像あり)

実は、松井大輔さんの奥さんである加藤ローサさんを、静岡県の浜松市で見かけた..
との噂が、昨年何度かあったようです。

 

確かに加藤ローサさんの記事でも加藤ローサさんが浜松市の幼稚園で子供といるところの目撃情報があったりしますので、

これはかなり信憑性が高い情報と言えるかも知れませんね。

こうした目撃談から、住所は浜松市なのでは?
との噂が流れたようです。

また、加藤ローサさん自身のインスタにも浜松祭りの様子が..
松井大輔選手はジュビロを辞め、ポーランドへ移籍しました。
しかし、この時期、奥さんの加藤ローサさんは日本にいたものと思われます。

これだけ可愛ければ、目立ってしょうがないですよね♥
ただ、現在は、横浜FCとの契約が決まったため、現在の自宅は浜松からかわった可能性が高いかと思います。

松井大輔の現在の子供

加藤ローサさんはお母さんが日本人、お父さんがイタリア人と言うハーフのタレントさんです。
女優やファッションモデルとしても活躍していました。

結婚当時の新聞..かなり、大きなニュースになりましたよね。

加藤ローサさんと松井選手の出会いは2010年の秋ごろで知人の紹介がきっかけだったそうです。
交際が始まったのは2011年に入ってから。その当時松井選手はフランスにおり、9600kmを超える超遠距離恋愛でした。
松井大輔さんと、加藤ローサさんが結婚をしたのは2011年の6月でした。
加藤さんの26歳の誕生日だった6月23日に公式サイトでサッカー日本代表
の松井大輔さんとの結婚を発表しています。これにはお茶の間が本当にビックリ。
そして結婚報告とともに妊娠4カ月であることも明かしていました。

そして2011年の12月13日にフランスにて第1子の男の子を出産しています。
そして2014年2月には次男が誕生しました。

とっても色白の可愛らしい赤ちゃんですね!
また、次男とは2014年8月に雑誌の『nina’s』で表紙を飾っているので
記憶している人も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんも可愛いけど、お母さんの加藤ローサさん、美しいです..

という事で、松井大輔さんと加藤ローサさんのお子さんは
男の子が二人で、どちらもとっても愛らしいお子さんです(´ω`)

松井大輔の現在はジュビロに所属

松井大輔さんと言えば、2003年に日本代表に選ばれた有名選手。
2004年からは、海外のプロサッカーリーグへの挑戦を表明し
海外のサッカーチームを渡り歩いてきました。

しかし、海外のプロサッカーリーグの中ではなかなか結果を出すことができず
日本のプロサッカーチームである『ジュビロ磐田』からオファーがあり
松井大輔さんは日本への復帰移籍を決断したのでした。

しかし、ジュビロ磐田で3年半過ごしはしたものの..
松井大輔選手は、そこで満足しませんでした。

「この度、ポーランドリーグ2部のチームに移籍することが決まりました。
シーズンの途中でこのような報告をすることになり、心苦しいところもありますが
いま勢いのあるジュビロをみて、僕もつぎに進みたいと思い決意しました」
「ジュビロで過ごした3年半、とても楽しくサッカーすることができました。
チームの雰囲気はアットホームで居心地よく、サポーターの方々も温かかったです。
静岡という土地も大好きです。
監督をはじめスタッフのみなさんサポーターのみなさんには感謝しかありません」
「この年齢での海外移籍は、無謀と言われるかもしれませんし
失敗するかもしれませんが、挑戦すること、挫折することは自分の財産になる
と僕は思っています。
自分の道は誰も歩めない。前進あるのみ」

スポンサーリンク

海外で、どうしても挑戦したいといい、日本を飛び出した松井大輔選手でしたが..

横浜FCはは22日、ポーランド2部リーグオドラオポーレに所属する
元日本代表MF松井大輔(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。
昨年8月、磐田から36歳で海外移籍に踏み切り、ポーランドに
新天地を求めたが、わずか半年で電撃J復帰。
新シーズンは横浜FCでJ2リーグを戦う。背番号は35番に決定した。

結局、半年で日本に戻ることに…。
現在は、ジュビロ磐田ではなく、横浜FCでプレーをすることになったようです。

松井大輔の現在の年俸推移はどれくらい?

松井大輔さんの年俸推移って気になりますよね。

そもそも、プロ野球選手がかなりの年俸をもらうのに対してプロサッカー選手の年俸は少し控え目ですからね。

同じようにプロとして活躍しても、野球選手として比較するとどうしても見劣りしがちな事実はあるんですけどね。

松井大輔さんの場合はどうなのでしょうかね。

松井大輔選手は、移籍魔と言われるほど数多くの移籍を繰り返していました
京都サンガを振り出しに、フランス、ロシア、フランス、ブルガリア、ポーランド
日本、ポーランドと渡り歩きました。2018年に再び日本に戻ったわけです。
横浜FCは、レジェンド三浦知良選手も在籍している

これだけチームを変わった松井大輔選手の年俸の推移はどのようなものだったのでしょう?

松井大輔選手の年俸の推移ですが、海外のチームが大半で
頻繁に移籍を繰り返していますので、詳しい年俸の数値は把握できませんでした。
なので、以下はおおよその年俸額です。

しかし、サッカー選手も一流になればやはりかなりの額の年俸を稼ぎ出すようですね。

野球選手と比較するとサッカー選手は不遇だなんて言われますが、そんなことなさそうですね。

  • ル・マン(フランス) 1億円

  • サンティチエンヌ(フランス) 1億5千万円+ボーナスで3億円前後

  • ジュビロ磐田 4000万円

  • オードラ・オポーレ(ポーランド2部) 2000万円

  • 横浜FC 1000万円前後

なお、ジュビロ磐田での年俸4000万円は、米本拓司選手や藤春廣輝選手
柴﨑晃誠選手とほぼ同額なのです。
フランス時代のル・マンとサンティチエンヌあたりが松井大輔選手の絶頂期。
収入には年俸以外に勝利給や個人単位でのスポンサー契約料などもあります。
実際の松井大輔選手の年収は上記より、かなり多いはずです。

ヨーロッパでは、サッカー選手の税金はクラブ側が全て払ってくれます。
年俸はまるまる貰えるのです。

年俸は、仕方ない事ですが年齢と共に落ちていっています。
ただ、海外でのプレーの方が収入的にもメリットが高そうですよね。
最後のプレーを行う場所として横浜を選んだ松井大輔さんですが
これからも頑張っていって欲しいですね!

松井大輔の元嫁は晶子?

松井大輔さんの奥さんは、実は加藤ローサさんが最初ではないのです。

こちらが、最初の奥さんの晶子さん。

元はキャビンアテンダントをしていました。

元嫁・晶子さんとの馴れ初め

晶子さんは、神戸出身で大手自動車会社勤務から、航空会社客室乗務員を経て、
2002年サッカー選手MF松井大輔と結婚しています。
また夫のフランスリーグ移籍に伴いフランスSaint-Etienneに暮らし
雑誌でコラム等を執筆していました。

松井大輔と元嫁の晶子夫人の離婚理由についても調査してみましたが
詳細なことは明らかになっていないようです。
インターネット上などでの噂では晶子夫人が松井大輔の海外移籍を嫌がったとか
松井大輔が浮気したからとも言われていますが、あくまで噂なので何が真実かは
当事者二人にしかわからないことかと思います。

最初の奥さんもとっても美しい方だったので、松井大輔さんがかなりの面食い
ということがわかりますね(笑)
今回は、松井大輔選手についてお届けしました。
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました