Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/trichan2/anohito-genzai-matome.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ユースケサンタマリアの現在は激やせでうつ病?鬱の原因や画像は

現在の「うつ病」の背景にあるもの

明るく楽しく、どこか「テキトー」な印象もあるタレントのユースケサンタマリアさん。一見するとうつ病とは無縁に思えますよね。

僕は、正確には鬱ではなかったんです。鬱って本当に大変で、まず仕事なんてできませんからね。家から出られないし、顔付きだって変わってしまう。僕が鬱だなんて言ったら、本当に鬱になった人、それを克服した人に申し訳ないですよ。

とはいえ、ストレスが原因で、30代の8年間は本当に体調がよくなかったのも事実。鬱未満なんだけどひどく調子が悪くて、仕事が大変という人も少なからずいる」

 

  • 今日、夕飯食ってたらJ( ‘ー`)しがユースケさんの話をしだしたんだが、この人、うつ病だったらしい?ね。 まぁJ( ‘ー`)しのネタも話半分くらいの信ぴょう性だからホントか判らんけど…。 確かにここ最近の表情が暗い印象があるけど…
  • ユースケ・サンタマリアもうつ病経験者。それを知る前はユースケってなんかいい加減で優柔不断だなぁって思ってたんだけど
    長い間うつ病で苦しんだ後、人の意見に左右されるのがバカらしくなって、そこから治り始めたらしい
  • 明るくヘラヘラしてる人ほどもしかしたら凄い人なのかもしれないね

 

2004年頃からうつ病の症状が出はじめ、「過労などによる体調不良」で仕事を休業したり、妙に出番が少ないなどの不自然さが目立つようになりました。

健康面を不安視されながらもテレビに出演し続けたユースケサンタマリア。
休業から復帰してもユースケサンタマリアの口からは詳細が明かされなかったのだが、その何年も後にTBSラジオ「たまむすび」でインタビュアーの吉田豪さんが自身の著書「サブカル・スーパースター鬱伝 (徳間文庫カレッジ)」を紹介するにあたり、「ユースケサンタマリアがうつで苦しんでいた」という話を語った。

『うつ病』とは気分障害の一種で、軽いものでは「なんとなく気だるい、動きたくない、妙に疲れる」といった「甘えや怠け」ととらえられやすい症状のため誤解されがちです。

しかし、悪化すると著しい機能の障害を引き起こしてしまう恐るべき病気でもあります。

「いつの間にか、体調が悪いことに疲れてくるんですよ。で、もうどうでもいいか、みたいな。体調悪かったら悪いって言おう。そこで帰らせてもらおうぐらいの感じで現場に行くようになって、いつの間にか楽になってたのかな? いまはそういう状態ではないって言えるようになりました」

スポンサーリンク

良い意味での開き直りが、だんだんとユースケさんの心を救ってくれたといいます。

 

ユースケ・サンタマリアの鬱の原因

そもそも、鬱の原因とはどんなことだったのでしょうか。確かに芸能人という職業は私たちが思っているよりも重圧の大きな仕事なんですよね。
一般人の精神状態だと、うつ病になるのが普通なんだと話を伺ってことがあります。つまり並みの精神力では持たないってことですよね。

十年前くらいだと思うんだけど「ぷっすま」を休んだり、他の番組も途中からいなくなったりしていた事があったなぁ。その時は体調悪いのかなぁ、くらいにしか思ってなかったけれど、それもうつが原因だったのだろうか。

ユースケさんは、吉田豪『サブカル・スーパースター鬱伝』(徳間書店)のなかで、ストレスが原因のこの体調不良について詳らかに語っていますが、そもそもの体調を崩したきっかけを次のように語っています。

「考えたら、単純に仕事がすごいつまんなかったっていうのがあって。その前が、謎のよくわからないデビューの仕方をして。バンドで全然売れなかったんだけど、なんもわかんないうちからドラマとか映画とか出るようになったりして、どんどん忙しくなってきて仕事もおもしろかったんですよその頃って結構いい作品が多くて。
30歳ぐらいまではすごくよかったんですね。それと比べてたわけではないんだけど、この話おもしろくねえな、みたいなのが5本ぐらい続いたんですよ。
そしたら体がダルくなってきて、飯が食えなくなってきて。すごい下痢で。八カ月、硬い便が出なかったんですよ。だからそのとき、すごく大きい仕事いっぱい断ってます」

こういった仕事の躓きに加え、「芸能界」という特殊な場所にいるユースケさんは、「ここは自分の居場所ではない」という思いが拭えず、心に大きな負担がのしかかってしまったようです。

「お芝居したり、タレント業みたいなことも楽しかったんですよ。いまも楽しんでるけど、どこか芸能人にはなれないなっていう。要は一般人がなぜか芸能界にいるっていう感覚かな。完全なこの世界の住人にはちょっとなれないなっていうのはいまだにすごい思うし。(中略)自分にはトゥーマッチな現場で、でも平気な感じでいなきゃいけないし」

その結果、ご飯もまともに喉を通らないような状況になってしまったようです。

私はユースケ(サンタマリア)の20年来のファンで、体調を崩していたのは知っていたけどそれがうつ病だったの知らなかったよ…。テレビに戻ってきてくれてうれしい。連ドラ主演!これからは無理せずマイペースで頑張って欲しいなー。ずっと応援してるよー!

この辺でユースケサンタマリアさんの紹介は終わりです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました