もんたよしのりの現在の画像!病気と逮捕の噂は?娘は誰か

今回はシンガーソングライターのもんたよしのりについてみていきましょう。

もんたよしのりの現在の画像

もんたよしのりさんは学生時代からバンド活動を始め、「この足の鎖ひきちぎりたい」でソロデビューを果たします。

一時音楽活動をあきらめるも、再び「もんた&ブラザーズ」でデビューし、「ダンシング・オールナイト」を発表します。

この曲が大ヒットとなり、日本レコード大賞金賞、第11回日本歌謡大賞放送音楽特別賞、第13回全日本有線放送大賞などの賞を総なめにしました。

そんなもんたよしのりさんは現在なにをしているのでしょうか?

もんたよしのり氏は近年でも、たまにテレビでお見かけするが、ダンシング・オールナイトを歌われていた昔の様なハスキーボイスでは無くなっている。
もんた氏自身が以前に出演されていたテレビ番組で語っていたが、あのハスキーボイスを出すために大声で叫んで、わざと喉をからしていたのだとか。

1983年には作詞作曲を担当した西城秀樹の「ギャランドゥ」が大ヒット!
西城秀樹がこの曲で日本レコード大賞金賞を受賞しました。
「ギャランドゥ」が、もんたさんの曲だったのは知りませんでした!
秀樹さんが他界された時、ご自身のブログで心境を語っています。
「もんた&ブラザーズ」は解散と再結成を繰り返しながらも、もんたよしのりさんはソロ活動を続けています。

スポンサーリンク

2009年には窪塚洋介さんとレゲエにも挑戦したりと、さまざまなステージに立っています。

もんたよしのりさんは2018年現在も自身の公式ブログを続けていて、ライブ情報を発信し続けています。

つまり、2018年現在も変わらず現役バリバリのミュージシャンということですね。

 

もんたよしのりの活舌が悪いのは病気のせい?

もんたよしのりさんは病気なのでは?というなにやら心配な噂がありますが、本当なのでしょうか?

調べてみましたが、現在は病気だという事実は無いようです。

ただ1995年。熱帯マラリアにかかって、生死をさまよった事はあります。
パプアニューギニアから帰国した時、隔離病棟で41.6度の高熱で家族に「もしもの時は」など口にしていたそうです。
新種の菌じゃないかと心配していた家族は、マラリアだと分かった時バンザイしたっていうのはすごいですね。(笑)

このときの状況については、24時間テレビで娘さんが手紙を泣きながら読んでいました。

もんたよしのりさんは年々滑舌が悪いと指摘されているようですが、なにか病気が関係しているということは無いようです。

ちなみにハスキーボイスについては、売れない頃に悩んだ結果、枕に顔を押し付けて叫ぶことによって自ら声をつぶしました。

すごいプロ根性ですね(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました